沖縄県

【読み方】 おきなわけん  【分類】 県名  【成立】 明治12年

【沖縄県の由来】

近世の俗称に由来する地名。
奈良末期には「阿児奈波島」で見え、それが本島の古名といわれる。
「おき」は文字通り「沖」を意味し、「なは(なわ)」は「魚場(漁場)」を意味する「なば」で、「沖合の漁場」とする説が有力とされている。
その他、「おき」は「遠い」を意味し、「なは」は「場所」や「島」の意味とする説もある。
しかし、一般的に沖縄の「なは」と県庁所在地の「那覇」は同じ語源と考えられており、「那覇」が「場所」や「島」といった意味しか持たないことになるため考え難い。

【沖縄県内の地名】

那覇市 浦添市 沖縄市 宜野湾市
石垣市 うるま市 宮古島市 名護市
糸満市 豊見城市 西原町 南風原町
北谷町 南城市 読谷村 本部町
八重瀬町 与那原町 恩納村 中城村

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

リュウキュウマツ
デイゴ
ノグチゲラ
タカサゴ(グルクン)

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス