宮崎県

【読み方】 みやざきけん  【分類】 県名  【成立】 明治6年

【宮崎県の由来】

県名は、県庁所在地の郡名に由来する。
奈良時代に「宮埼郡」で見られ、平安時代の『和名抄』で「宮崎郡」と見られるようになる。
「宮」は文字通り「神宮(神社)」のことである。
「崎(埼)」の付く地名は、突き出た地や先端を意味することが多いが、宮崎の場合は「前(さき)」のことで、「宮前」が語源と思われる。
「宮」にあたる神社は、宮崎神宮や奈古神社といわれることもあるが、江田神社が有力とされている。

【宮崎県内の地名】

宮崎市 都城市 延岡市 日向市
日南市 小林市 西都市 高鍋町
串間市 えびの市 清武町 高千穂町
国富町 三股町 門川町 新富町
川南町 都農町 南郷町 高原町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

フェニックス,ヤマザクラ,オビスギ
ハマユウ
コシジロヤマドリ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス