菊池市

【読み方】 きくちし  【分類】 市名  【成立】 昭和33年
【都道府県】 熊本県

【菊池市の由来】

698年(文武2年)に「鞠智(くくち)城」で見え、平安時代の『倭名類聚抄』にも「菊池」に「久々知(くくち)」の注釈があり、「くくち」が転じて「きくち」になったと考えられる。
「くくち」は「潜地」の意味か、柵に囲まれた地で「含地」、高くなった所を表す「クク」に接尾語の「チ」など諸説あるが不明。
「菊池」は平安時代から郡名となるが、近世に「隈府」と改称され、一旦消滅している。
明治22年、この地からやや離れたところで、「菊池村」が誕生する。
この時の命名は、肥後菊池氏にあやかったものであるが、その名は中世の地名に由来する。
中世にあった地域とは少し離れており、人名からの命名であるため、近世に誕生した地名とも取れるが、中世にあった地名の復活とも取れるため複雑である。

【熊本県内の地名】

宇土市 上天草市 宇城市 阿蘇市
天草市 合志市 城南町 美里町
玉東町 南関町 長洲町 和水町
植木町 大津町 菊陽町 南小国町
小国町 産山村 高森町 西原村

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

サクラ
キク
ウグイス

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス