熊本県

【読み方】 くまもとけん  【分類】 県名  【成立】 明治4年

【熊本県の由来】

県名は、県庁所在地の名称に由来する。
この地名は南北朝時代に「隈本」として見られ、慶長12年(1607年)、加藤清正が築城した際に「熊本」と改められた。
改められた理由は、「隈」の字に含まれる「畏」の字に「おそれる」「かしこまる」といった意味があるため、城名として強そうな「熊」の字が当てられたといわれる。
「隈本」の地名は地形に由来すると思われるが、下記のとおり地形由来にも諸説ある。
1.「くま」は低地と高地の入り組んだ地形、「もと」は中心地のこと。
2.「曲本(くまもと)」の意味で、曲がりくねった川(白川)のほとりのこと。
3.「くま」は「崖下」を意味し、「もと」は「湿地」を意味する「むた」が転じた語で、「崖下の湿地」のこと。
「隈本」の「隈」には「折れ曲がったところ」「入り組んだところ」の意味があるため、「1」か「2」の説が有力であるが、「くまもと」の音に「隈本」の字が当てられたとすれば「3」の説も考えられる。
「くま」が「高句麗(朝鮮半島)」を意味する「こま」のなまり、「もと」は「本拠地」のことで、高句麗から渡来した人々の本拠地を意味する、といった説もあるが考え難い。

【熊本県内の地名】

熊本市 八代市 人吉市 荒尾市
水俣市 玉名市 山鹿市 菊池市
宇土市 上天草市 宇城市 阿蘇市
天草市 合志市 城南町 美里町
玉東町 南関町 長洲町 和水町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス