高知県

【読み方】 こうちけん  【分類】 県名  【成立】 明治4年

【高知県の由来】

県庁所在地の名称に由来する地名。
土佐藩山内氏の城下町名に由来するが、下記の通り、「河中山」から「高智山」「高智」「高知」へと変化したものである。
慶長8年(1603年)、「高知城(元:大高坂山城)」が鏡川と江の口川に囲まれた地にあったことから、山内一豊が入城した際、真如寺の僧「在川」によって、「大高坂山城」から「河中山城(こうちやまじょう)」と改名された。
しかし、この地は洪水が多く、第二代藩主の山内忠義が「河中」の字を嫌ったため、慶長15年(1610年)、竹林寺の僧「空鏡」によって「高智山城」と改名された。
その後、「山」が省略されて「高智(高知)」となり、城下町名も「高知」となった。

【高知県内の地名】

高知市 四万十市 南国市 須崎市
宿毛市 香南市 土佐市 香美市
安芸市 四万十町 いの町 土佐清水市
室戸市 佐川町 春野町 黒潮町
仁淀川町 越知町 中土佐町 大月町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

ヤナセスギ
ヤマモモ
ヤイロチョウ
カツオ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス