徳島県

【読み方】 とくしまけん  【分類】 県名  【成立】 明治4年

【徳島県の由来】

県名は、県庁所在地の名称に由来する。
現在の徳島市は「渭津(いつ)」と呼ばれていが、天正13年(1585年)に蜂須賀家政が渭津に築城した際、この地を「徳島」と命名した。
地名の由来は、吉野川河口で川に囲まれた三角州だったことから「島」、それに縁起の良い「徳」が冠されたと思われる。

【徳島県内の地名】

徳島市 阿南市 鳴門市 吉野川市
小松島市 三好市 美馬市 阿波市
藍住町 石井町 北島町 東みよし町
松茂町 海陽町 板野町 つるぎ町
那賀町 美波町 上板町 勝浦町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

ヤマモモ
スダチの花
シラサギ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス