広島県

【読み方】 ひろしまけん  【分類】 県名  【成立】 明治4年

【広島県の由来】

県庁所在地の名称に由来する地名。
この地名は、戦国時代末期より見られる。
地名の由来は、太田川の広々とした三角州によるものであろう。
毛利輝元が城を築城した際、毛利氏の始祖とされる大江広元の「広」と、在地の豪族であった福島元長の「島」を合成し、城の名前を「広島城」としたという説もあるが、それ以前から「広島」と呼ばれていた可能性が高く考え難い。

【広島県内の地名】

広島市 呉市 竹原市 三原市
尾道市 因島市 福山市 府中市
三次市 庄原市 大竹市 東広島市
廿日市市 安芸高田市 江田島市 府中町
海田町 熊野町 坂町 大野町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

モミジ
モミジ
アビ
カキ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス