三重県

【読み方】 みえけん  【分類】 県名  【成立】 明治5年

【三重県の由来】

県名は、明治5年から7年に県庁所在地のあった四日市の郡名「三重郡」に由来する。
「み」は「水(み)」、「え」が「辺(へ)」で、鈴鹿川の水辺に由来する地名と考えられる。
その他、『古事記』に日本武尊(やまとたけるのみこと)がこの地に着いた際、足が三重に曲がるほど疲れたことから名付けたという話があることから、この伝説が通説となっているが、古い地名は地形に由来することが多いため、伝説としては面白いが疑問が残る。
「み」は朝鮮語で「神(み)」を意味し、「え」は「辺(へ)」で、「神宮の鎮座している土地」の意味とする説もあるが、日本語でも「み」は「神」を意味するにもかかわらず「朝鮮語で…」としていることや、三重郡は伊勢市周辺の地域でもないのに神宮に由来するなど、この説には不自然な点が多い。

【三重県内の地名】

津市 四日市市 伊勢市 松阪市
桑名市 鈴鹿市 名張市 尾鷲市
亀山市 鳥羽市 熊野市 いなべ市
志摩市 伊賀市 木曽岬町 東員町
菰野町 朝日町 川越町 多気町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

神宮杉
ハナショウブ
シロチドリ
伊勢海老
カモシカ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス