名古屋市

【読み方】 なごやし  【分類】 市名  【成立】 明治22年
【都道府県】 愛知県

【名古屋市の由来】

名古屋は、平安時代末期の荘園名として「那古野荘」で見えるものが最も古いが、その他「名護屋」「浪越」「名越」などとも表記されていた。
江戸時代には、「名古屋」と「名護屋」が併用されていたが、時代とともに「名古屋」の使用例が増え、1869年(明治2年)に尾張藩が名古屋藩に改称したことで表記が統一された。
名古屋の由来には、気候・風土がなごやかな土地の意味とする説。
崩壊地形を表す「なご」に、湿地を表す「や」で「崖下の湿地」の意味とする説。
高い波が押し寄せ、海岸を越える土地であるところから、「浪越」とする説。
荘園開発のために、主家に代わって労役についた農民の家屋で、「名子屋」の意味など諸説ある。

【名古屋市内・愛知県内の地名】

千種区 東区 北区 西区
中村区 中区 昭和区 瑞穂区
熱田区 中川区 港区 南区
守山区 緑区 名東区 天白区
豊橋市 岡崎市 一宮市 瀬戸市

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

クスノキ
ユリ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス