石川県

【読み方】 いしかわけん  【分類】 県名  【成立】 明治5年

【石川県の由来】

県名は、県成立時の県庁所在地であった「石川郡」に由来する。
地名の由来は、文字通り「石の多い川」のことである。
県最大の河川である「手取川」は、上流から石を多く流すことから通称「石川」と言った。
そこから、手取川の周辺もこの名で呼ばれるようになり、郡名・県名となった。

【石川県内の地名】

金沢市 小松市 白山市 加賀市
七尾市 野々市町 能美市 輪島市
かほく市 羽咋市 志賀町 能登町
津幡町 珠洲市 中能登町 内灘町
穴水町 宝達志水町 川北町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

アテ(能登ヒバ)
クロユリ
イヌワシ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス