富山県

【読み方】 とやまけん  【分類】 県名  【成立】 明治4年

【富山県の由来】

県名は、県庁所在地の名称によるもので、近世の城下町名に由来する。
地名の由来は、「呉羽丘陵(くれはきゅうりょう)」が現在の高岡市から見て外側にあった事から「外山(とやま)」と呼ばれ、縁起の良い「富山」にしたとする説。
多くの山が連なり「富める山の国」の意味からとする説。
この地方は元々「藤居山(ふじいやま)」と呼ばれていたが、「富山寺(ふせんでら)」があったことから「富山」と呼ばれるようになったなど諸説あり未詳。
地形用語の「と」は高くなった所を表すため、「と山」は高くなったところを反復して表した地名で、縁起良くするため「と」に「富」が当てられたとも考えられる。

【富山県内の地名】

富山市 高岡市 射水市 南砺市
魚津市 砺波市 氷見市 黒部市
小矢部市 滑川市 入善町 立山町
上市町 朝日町 舟橋村

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス