福島県

【読み方】 ふくしまけん  【分類】 県名  【成立】 明治2年

【福島県の由来】

県名は県庁所在地にあった「城」の名からで、近世の村名・城下町名でもある。
文禄元年もしくは2年(1592・1593年)に、木村吉清によって「杉目城」から「福島城」に改称され、その地域も「福島」と呼ばれるようになった。
城や城下町が「福島」となった由来は、この地域一帯が湖沼で、その真ん中にある信夫山に吾妻おろしが吹きつけていたため、信夫山が「吹島(ふきしま・ふくしま)」と呼ばれるようになり、城の名として縁起の良いものにするため「吹」を「福」にしたとする説がある。
この他にも由来は諸説あるが、いずれも木村吉清の文献による由来ではないため、正確な由来は未詳である。

【福島県内の地名】

福島市 会津若松市 郡山市 いわき市
白河市 須賀川市 喜多方市 相馬市
二本松市 田村市 南相馬市 伊達市
本宮市 桑折町 国見町 川俣町
大玉村 鏡石町 天栄村 下郷町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

ケヤキ
ネモトシャクナゲ
キビタキ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス