天童市

【読み方】 てんどうし  【分類】 市名  【成立】 昭和33年
【都道府県】 山形県

【天童市の由来】

天童市は、戦国期に「天童宝樹山仏向精舎」で見えるのが古い。
天童の由来には、護衛童子(ごえいどうじ)と摩竭童子(まかつどうじ)という二人の童子が舞い降りてきたことから、「二」と「人」で「天」、それに「童子」で「天童」になったという言い伝えがあるが、単純に、仏教の守護神が子供の姿になって現れた「天童」からと考えるのが妥当であろう。
その他、北畠親房の孫の天童丸が城を築いたことに由来するといった説や、「山頂」の意味の「てんど」からといった説もある。

【山形県内の地名】

東根市 尾花沢市 南陽市 山辺町
中山町 河北町 西川町 朝日町
大江町 大石田町 金山町 最上町
舟形町 真室川町 大蔵村 鮭川村
戸沢村 高畠町 川西町 小国町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

モミジ
ツツジ
ホオジロ

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス