宮城県

【読み方】 みやぎけん  【分類】 県名  【成立】 明治5年

【宮城県の由来】

廃藩置県で「仙台藩」から「仙台県」となり、県成立時の県庁所在地であった郡名「宮城」に改められた。
地名の由来は、奈良時代に陸奥国府の多賀城が置かれ、朝廷の出先機関にあたることから「宮宅(みやけ)」と呼ばれていたものが、「みやぎ」に変化して「宮城」の字が当てられたとする説。
宮城の「宮」は古くからある塩釜神社をさしており、接尾語の「ぎ」に「城」が当てられたとする説がある。
多賀城が「宮城」と呼ばれていたともいわれ、「みやけ」が変化した説が有力とされている。

【宮城県内の地名】

仙台市 石巻市 塩竈市 気仙沼市
白石市 名取市 角田市 多賀城市
岩沼市 登米市 栗原市 東松島市
大崎市 蔵王町 七ヶ宿町 大河原町
村田町 柴田町 川崎町 丸森町

【スポンサードリンク】

【オススメ情報】

シンボル

ケヤキ
ミヤギノハギ
ガン

都道府県インデックス

地名由来検索


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2006- 地名由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス